浦口 楓 先輩社員紹介 スタッフ (2018年入社)

自分を追い込んでこそ、やりがいを感じられる

  • 学生時代はどのように過ごしていましたか? 

    小学生から大学生まで、ずっとソフトボール部に所属していました。アスリートにとって一番大事なのは体力や体格ではなく、メンタル面だと思います。オフシーズンでは厳しいトレーニングばかりを経験してきました。挫折した人も見てきました。それでもやり続けるためには明確な自分の軸と、ビジョンが必要です。今つらくても、ゴールがあるから頑張れることを学んだと思います。

  • ズバリ入社を決めた理由はなんですか?

    学生の頃から、居酒屋やカフェ、引っ越し屋さん等、様々な接客系のアルバイトをしていました。それもあり、就職後も接客業に就きたいと思うようになりました。当初は、様々な販売職などを見ていました。しかし、既にほとんど出来上がっている状態のものを購入してもらうよりも、お客様に合わせたプランを共に作り上げていける携帯販売のほうが魅力的だと思いました。携帯電話は今では衣服と同じくらい日常生活に欠かせないものです。そこに自分が関われることはとても光栄なことだと思えました。

  • 現在の主なお仕事内容は? 

    接客を担当しています。最近では知識がかなりついてきたので、自分の説明を通して、新機能等をお客様に紹介した時に「こんな機能あったんだ!」と喜んでいただけるようになりました。また当初は店舗に新卒が3名いたのですが、移動により新卒は私1人となりました。寂しいと思った反面、接客だけでなく事務的な仕事も任せてもらえるので、仕事はより充実したと思います。そんな環境からか、「誰かがやると思っているだけでは何も進まない、気づいたらその時に行動しないと駄目なんだ」と感じるようになりました。

  • 学生時代の活動が仕事にどのように生かされていますか?

    追い込みがある環境は変わらないな、と感じます(笑)。部活では試合で勝つために、しんどくても練習に励んでいました。そして現在では、月末の目標達成のために自分を追い込んでいると思います。また、高校生の頃は、体育科コースにいたことでメンタル関係の授業が多かったのですが、そこで教わったアマとプロの違いをよく思い出します。アマとは専門的ではなくて、趣味に近いもので、プロとは専門分野を極めた人がなれるものです。そして私は、給料をいただいている以上、自分をプロだと思っています。学生時代に教わったこの考えを、忘れずに働きたいと思います。

  • これからどんな挑戦がしたいですか?

    貪欲な自分を変えずにいたいと思っているので、誰にも負けない分野を一つでも見つけて極めたいと思います。接客の資格をどんどん取得したいですし、会社以外でもやりたいことがたくさんあります。書道や料理等プライベートにも全力で取り組んでいきたいです。

  • 壇 知里

    最高の店舗を、作りあげる

  • 藤村 莉子

    店長の中でもナンバーワンに

  • 北山 春花

    女性にとことん優しい会社

  • 松原 慶社

    成果がはっきりわかるのが楽しい

  • 梅本 和希

    お客様自身より、課題を早く見つける

  • 金桝 歩

    先輩が与えてくれたものを、後輩に与えていきたい

  • 岩井 綾香

    自分に自信が持てるようになる

  • 三島 和莞

    1分1秒を大切にすれば、できることは広がる

  • 亀山 梨奈

    仕事はスポーツと同じくらい、楽しい

  • 浦口 楓

    自分を追い込んでこそ、やりがいを感じられる

  • 依田 純奈

    フジデンで、私は変われた