三島 和莞 先輩社員紹介 スタッフ (2018年入社)

1分1秒を大切にすれば、できることは広がる

  • 学生時代はどのように過ごしていましたか? 

    大学までの10年間、陸上部に所属していました。種目は長距離で、毎日トータルで20km以上走っていました。高校生の頃には、大阪府代表としてチームで出場することが決定しました。その際、選抜メンバーになるための部活内レースがあったのですが、わずか1秒の差で補欠となってしまいました。その経験から、どんなことでもたった1分1秒でも無駄にはできないと考えるようになったと思います。

  • ズバリ入社を決めた理由はなんですか?

    説明会に訪れた際、人事の「居心地の良さ」に惹かれ、選考に進むことを決めました。自分はコミュニケーションがあまり得意な方ではありませんでしたが、苦手だからこそ、接客業を通して成長したいと思いました。フジデンなら、社員同士の仲も良く相談しあいながら切磋琢磨できると感じ、入社を決めました。

  • 現在の主なお仕事内容は?

    入社当時は、機種変更や故障対応、操作説明などをしていましたが、ようやく知識が追いつき新規を受ける回数も増えてきました。まだまだ先輩に聞くことも多いですが、内定者のアルバイトも来るようになったので、自ら勉強することを心がけています。学生の頃は勉強が苦手でしたが、何を聞かれても答えられる自分になるため、今は学ぶことを楽しめています。

  • 学生時代の活動が仕事にどのように生かされていますか?

    部活では「どんな状況でもあきらめないこと」が大事でした。その意識は仕事でも活かされていると思います。接客時、現状の自分では解決できないことが多々あります。そんな時、すぐ側に先輩がいるとは限りません。スタッフそれぞれがお客様の対応をしているときがありますので、なんとしても自分一人の力で乗り切る必要があります。そんな時に部活で培ったやりきる力が役立っていると思います。

  • これからどんな挑戦がしたいですか?

    誰にでも好かれる、お手本のような人になりたいと思います。現在、教育していただいている先輩がとても接しやすくて助かっているので、そんな風に自分もなりたいです。また、接客力も磨いていきたいです。最近では「だいぶよくなったよ!」と店長からも言われますが、まだまだだと感じています。お客様と盛り上がれるくらいの対話ができるようになりたいです。

  • 壇 知里

    最高の店舗を、作りあげる

  • 藤村 莉子

    店長の中でもナンバーワンに

  • 竹内 哲

    ショップ店員が、憧れられるように

  • 北山 春花

    女性にとことん優しい会社

  • 松原 慶社

    成果がはっきりわかるのが楽しい

  • 堀本 知希

    圧倒的な成績で、店舗を全国区へ

  • 梅本 和希

    お客様自身より、課題を早く見つける

  • 金桝 歩

    先輩が与えてくれたものを、後輩に与えていきたい

  • 岩井 綾香

    自分に自信が持てるようになる

  • 三島 和莞

    1分1秒を大切にすれば、できることは広がる

  • 亀山 梨奈

    仕事はスポーツと同じくらい、楽しい

  • 浦口 楓

    自分を追い込んでこそ、やりがいを感じられる

  • 衣蔭 彰喜

    実践を通して、できないことができるように

  • 依田 純奈

    フジデンで、私は変われた